文芸誌のお仕事 小説新潮 9月号

8月22日発売、新潮社 小説新潮 9月号 中島京子さんの『ぱっと消えてぴっと入る』の扉絵を描きました。

patto

とある不思議な喫茶店にいつもいる【私】。
今回はその【私】と愛らしいおばあちゃんのエピソードです。

☆ ☆ ☆ ☆

2人が漕ぐぶらんこを描きました。
私もまた、勢いよくぶらんこを漕いでみたい。

 

カテゴリー: お仕事-client work- パーマリンク